Read Article

『栄光なき凱旋』

この日記を見ていただいてる複数の方から『最近、
読んだ本の感想を書いてないね』と言われました。
書かないのではなくて・・書けないのです。 今、
読んでる『栄光なき凱旋』は【上・中・下】巻に
分かれていて未だ【中巻】半ばなのだ。 しかも、 
各巻約500ページで・・【下巻】は来月発売だ。
では、読んでるモノが、どんな小説かとの言いま
すと・・1941年、日本軍が突然の真珠湾を攻
撃したことから、ロスとハワイに住む日系人の若
者3人の未来を暗転させ、彼等日系2世の運命を
描く、青春群像巨遍なのです。 著者は真保裕一。
日系人であるが故に、日本とアメリカ、二つの祖
国の狭間で、窮地に立たされた知られざる日系人
の葛藤と苦悩が表されてます(未だ途中ですが)。 
注目すべきは・・著者の描こうとする日系アメリ
カ人の『視点』なのです。 フィクションですが
知っておきたい、知らなければならない『史実』
を読んでみたかったのですよ。
ワタシと同世代で、今までの作風とは明らかに異
なる著者・真保裕一の『思い』に共感するのです。

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top