Read Article

『巻頭随筆』

久しぶりに『文藝春秋』を手にする。一度、手に
すると読み終えるまでは数日を要します。この間、
他の本を読むことが出来なくなるので、毎月(購
入)とはいかないのだ。今月号、書店で頁を捲り
読んでみたい。と。本書の楽しみのひとつに「巻
頭随筆」があります。識者のこころに浮かんだこ
と、見聞きしたこと、ユニークなエピソードなど、
ろくでなしの酒場店主もこころ洗われること、多
々。ええね、ちょっとした知識も身に付くのです。


URL :
TRACKBACK URL :

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top